はじめてのタイポグラフィ

ここでは文字のデザインについて説明していきます。

文字は情報そのものであり、かつデザインとしての役割も果たします。

デザインは伝えたい情報を効果的に伝えることが何より大切なので、文字はとても重要な要素と言えます。

文字をデザインするというのは、目的に合わせて読みやすく、かつ美しく配置することです。そして、その技術をタイポグラフィと言います。

その為、デザイナーはこのタイポグラフィを身につける必要があります。

読みやすくする3つの要素

まず、伝えたい事を的確に伝えるためには読みやすくする必要があります。

文字や文章の読みやすさ可読性視認性判読性の3つの要素から成ります。

可読性

可読性は簡単に言うと読みやすさです。

長文を疲れず読めるか、スラスラ読めるかなどです。

文字や文章の間に余白を取ったり、適切なフォントを使用する事で可読性が向上します。

視認性

視認性は簡単に言うと見やすさです。

パッと見た時にすぐに認識できるかです。

文字や文章に強弱をつけたり、フォントの太さを変えたりする事で視認性が向上します。

判読性

判読性は簡単に言うと分かりやすさです。

似た文字などを誤認なく区別して読めるかです。

「I(大文字のアイ)」と「l(小文字のエル)」や「O(大文字のオー)」と「0(数字のゼロ)」など誤認しやすい文字は違いがハッキリしたフォントを使うなどの対応で判読性が向上します。

まとめ

文字をデザインする時はまず読みやすさを意識して、可読性視認性判読性の3つを考えながら作る事を心がけましょう。